白骨温泉(長野)

<< トップへ戻る

白骨温泉(長野)

白骨温泉

山間にひっそりと佇む秘湯

鎌倉時代に湧出したという、数百年の歴史を持つ名湯。山間にひっそりと佇む秘湯は古くから文人墨客に愛されてきた。「白骨」の呼び名も中里介山の小説「大菩薩峠」に登場したのが発端。単純硫化水素の湯は湯口では透明に近く空気に触れると白濁になる。その効能は「三日入れば風邪をひかない」といわれる程。

※上の写真は 白骨の名湯 泡の湯 です。

全国の立ち寄り温泉検索

 
MENU